忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/11/20 (Wed.)

シリオ P.F.156-2

ミッドカットの登山靴がほしかったので、シリオ(SIRIO)P.F.156-2を購入した。



自分の足は、幅広甲低(甲薄)である。横アーチが崩れた「開帳足(かいちょうそく)」という状態に近いかもしれない。

前はキャラバン(Caravan)のC-1というミッドカットのトレッキングシューズを使用していたが、下山中に小指が当たってしまうため、履かなくなってしまった。

無雪期の日帰り登山であれば、ローカットで足りると考えているが、小屋泊登山となると、実用上の問題はさておき、意見の多い諸先輩方からご指摘をいただいてしまう可能性がある。

幅広甲低足用の靴は作られていないと思われるので、「日本人に多い幅広甲高の足におすすめ!」とされているシリオ P.F.156-2を購入した。

購入後、近所で履きならしてみたところ、どうも踝(くるぶし)が片側だけ当たって痛い。
キャラバンC-1では踝は問題なかったのだが、どうしたものか。

安い靴ではないので、合わないからといって簡単には諦められない。何か対策を考えなければならない。
でも、どうやって対応すればいいのか、皆目見当がつかない。

ということで、解決策を検索。
「一升瓶を靴に入れて足首部分を広げる」という方法を実践している方のWeb記事を見つけたので、自分もダメ元で試してみる。

とりあえず芋焼酎の900ml瓶を突っ込んでみた。
これでどうにかならないものか。









2016/09/09 (Fri.)

カテゴリー

YS-33ハイブリッド