忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2020/02/28 (Fri.)

バイク技術研究所のショールーム②

 YS-33について、パーツ交換で軽量化できないか社長(フレーム設計者)に伺った。

★YS-33は、軽さより走りを重視したモデルである。軽くしようと思えば可能であったが、あえて走りのほうを選択した部分がある。

★タイヤは軽量化の余地がある。ただし、このサイズ(18×1.5HE)はあまり製品が出ていないため、選択肢は限られるだろう。

★ペダルは、軽量の製品に替えることができる。

★シートポストは、汎用品の27.2mmを使っているので、軽量のものに交換できる。

★シートも、汎用品を使えるため、軽いものに交換することができる。

★タイヤサイズの交換は無理。

★ハンドルは、カットすればその分軽くなるが、もともとアルミ製でそれなりに軽いので、シートポスト交換などに比べ、効果はたかがしれている。あまり切りすぎると、電動アシストユニットのスイッチやベル、ライトを付ける場所が無くなってしまう。

★パーツ交換で16.0kgを切るのは可能と思われるが、さすがに15.0kgを下回る事は無理。

2010/10/21 (Thu.) YS-33

カテゴリー

YS-33ハイブリッド